建具把手

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


お正月休み中に建具の把手を試作しました。

今回は鉄、真鍮、銅で制作しています。


建物を設計する際に把手やハンドルなどの金物を選定する必要があります。

コストを下げるためにも基本的には既製品を使うことが多くなりますが、

既製品では色や材質などが限られてしまうので選択の幅が狭くなってしまいます。

設計中に「こんなものがあったらいいのに」というものを自分で作ることができれば

コストを抑えつつ設計の幅が広がると考えています。

把手以外にも自分で作れるものは試作し、お施主様にご提案できるようなものを

作れるようになればと思っています。


Copyright(C)2020 Matsuoka Yuuki Architects Office All Rights Reserved.