1.jpg
2.jpg
3.jpg
7.jpg
6.jpg
12.jpg
9.jpg
11.jpg
13.jpg

 

新河岸の家

埼玉県川越市

​専用住宅

設計/撮影 松岡佑樹建築設計事務所

​施工     近藤建設

郊外の住宅地に建つ住宅である。敷地の周囲には住宅が立ち並び、開口を設けただけでは快適的な空間は得られないという印象であった。第1種低層住居専用地域ということもあり、北側は高さを制限されてしまうことも考慮しつつ全体のボリュームを決定し、L型プランにたどり着いた。L型の内側は中庭とし外部空間を残すことで周囲からの距離を置くことを意識し、中庭の壁高さは隣家の建ち方から壁高さを検討し、周囲からの視線を遮りつつ開放感を得る計画としている。隣地からの距離、視線のコントロールをすることでプライバシーを確保しつつ快適な居住空間となることを目指した。